那須乃木神社

那須乃木神社

最新情報│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
神社の由緒│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
神社のご案内│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
宝物館│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
栃木県史跡乃木別邸│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
催事・イベント│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
交通のご案内│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
さくら会│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
観光情報│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
リンク│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
HOME
お問合わせ
 乃木神社
 〒329-2711
 栃木県那須塩原市
         石林795
TEL/0287-36-1194
FAX/0287-37-4928
那須 乃木神社
E-mail:こちら
那須 乃木神社
 
 
 乃木神社参道  
 


春には、桜のトンネル
初夏には、自然美あふれる緑のトンネル
年間を通して往来する人々に
四季折々の風情を
楽しませてくれる乃木神社参道

 神社創立  
 


明治天皇御大葬の大正元年9月13日、将軍御夫妻は殉死を以って聖恩にむくいるというかたちを示されました。
御夫妻の葬儀にあたり、時の大田原神社宮司手塚元氣が斎主となり、別邸中庭に於て遥排式が行われ、終了後、神社創立の声がおこり、地元石林の住民を中心にして、大正5年4月13日、神社が建立されました。


 境 内  
 

境内は、四季を通じ、春は花、夏は緑こまやかに大樹の陰に涼風が吹き、秋は紅葉冬は木々の雪化粧、折々のおもむきは、参拝者の清遊の地として、あまねくその名を知らしめています。

手水舎

 愛馬「殿(しんがり)号」  
 
日露戦役 明治37年(1904〜5)を共にした
愛馬「殿号」
大正天皇(皇太子当時)よりの脚下賜の名馬
将軍御夫妻殉死後大正3年石林に歿す。


 神札所  
 
合格祈願・交通安全諸祈願等の受付を
随時受け賜っております。
お守り、御札等の授与品もございます。


 中国馬車  
 
複数の馬で挽き馭者は長いむちを
以て御し悪路に堪えられるよう極めて
堅字に作られております。
昭和初期当神社に奉納されました。


 御手洗川  
 
御手洗川と呼ばれる清流は旧塩原町の蟇沼(ひきぬま)というところから蛇尾川の水をとり入れた用水ですがこの所までつくうちにもたくさんの湧水をとり込んでいます。石林地区の工事費負担の約半分を将軍が支出されています。


 乃木清水  
 
今でこそ自然の大切さが叫ばれていますが、将軍は庭木の手入れも枝打ち程度にとどめさせ、自然の営みの大切さを説かれました。コップ一杯の水で顔を洗い、口をすすぎ…という将軍の訓育で有名な「乃木清水」。水の大切さはいつの世にも同じです。
 


最新情報神社の由緒神社のご案内宝物館栃木県史跡 乃木別邸祭事・イベント交通案内さくら会観光情報リンク
乃 木 神 社 〒329-2711 栃木県那須塩原市石林795
TEL/ 0287-36-1194 FAX/0287-37-4928 E-mail:こちら
COPYRIGHT 2005-2010 NOGI-JINJA ALL RIGHTS RESERVED.