那須乃木神社

那須乃木神社

最新情報│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
神社の由緒│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
神社のご案内│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
宝物館│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
栃木県史跡乃木別邸│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
催事・イベント│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
交通のご案内│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
さくら会│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
観光情報│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
リンク│那須乃木神社│栃木県那須塩原市
HOME
お問合わせ
 乃木神社
 〒329-2711
 栃木県那須塩原市
         石林795
TEL/0287-36-1194
FAX/0287-37-4928
那須 乃木神社
E-mail:こちら
那須 乃木神社
 
 
明治天皇御大葬の大正元年9月13日、将軍御夫妻は殉死を以って聖恩にむくいるというかたちを示されました。
御夫妻の葬儀にあたり、時の大田原神社宮司手塚元氣が斎主となり、別邸中庭に於て遥拝式が行われ、終了後、神社創立の声がおこり、地元石林の住民を中心にして、大正5年4月13日、神社が建立されました。


 乃木将軍  
 
長府藩士乃木希次の第3子として
         嘉永2年11月11日(江戸)に生まれる。
安政 5年  乃木一家江戸より長府に帰る。
慶応 2年  兵務に就く。
明治 4年  陸軍歩兵少佐
 同10年  西南の役に熊本鎮台第十四連隊長心得
        として熊本籠城軍を助け功あり。
        (軍旗喪失の悲運にあう)
 同11年  薩藩士湯地定之の四女阿七
          (後に静子と改名)と結婚
 同23年 西那須野町石林に農園を求める。
 同25年 同所に住居を新築
 同27年 日清戦役に第一旅団長として出征功あり、
       勲二等旭日重光章功三級金鵄勲章、
       男爵を授けられる。
 同28年 陸軍中将、第二師団長
 同29年 台湾総督(母堂台湾で逝去)
 同31年 休職七ヵ月の後第十一師団長
 同34年より37年迄約3ヶ年石林にて農業に従事
 同37年 陸軍大将
 同37、38年 日露戦役に第三軍司令官として出征、
       旅順攻撃に功あり、
       旭日桐花大綬章、功一級金鵄勲章、
       (大将の2子戦死)
 同39年 軍事参議官
 同40年  学習院長兼任、従二位伯爵
大正元年9月13日 明治天皇御大葬の日に御夫妻殉死
  将軍享年64歳





 静子夫人  
 
薩藩士湯地定之の四女阿七
        (後に静子と改名)として生まれる
          
明治11年  乃木希典 と結婚


  夫人享年54歳
 


最新情報神社の由緒神社のご案内宝物館栃木県史跡 乃木別邸祭事・イベント交通案内さくら会観光情報リンク
乃 木 神 社 〒329-2711 栃木県那須塩原市石林795
TEL/ 0287-36-1194 FAX/0287-37-4928 E-mail:こちら
COPYRIGHT 2005-2010 NOGI-JINJA ALL RIGHTS RESERVED.